スポンサーリンク
Guitar

ギターはやはり顔で弾くしかないのか?

先日、アニメ「BLUE GIANT - ブルージャイアント」をアマプラで観て以来、涙腺と感情がおかしくなっているです ブルージャイアントというアニメはサックスプレイヤーのお兄さんのサクセスストーリー サックスプレイヤーのお兄さんが主人公なわけですから、やはりその佇まいが中心に描かれるわけです で、そのサックスを弾く姿が...
WEB3.0

NFTで音源販売は当面厳しいか

NFTというデジタルコンテンツの販売方法が画期的的に見えて、ここのところ勉強に勤しんでいたわけですが、やはりまだまだ広く浸透するのは厳しいかな……と感じてきたわけです 実際のところ、NFTを購入しようと思いますと、どうしても仮想通貨による売買が中心となってしまう で、仮想通貨を手に入れようと思うと、仮想通貨取引所に口座...
WEB3.0

NFTじゃないWEB3.0的音楽配信サイト

WEB3.0というと、ブロックチェーンや仮想通貨・暗号資産、NFTなどといった言葉が先に出てきますが、その中でもデジタルコンテンツを取り扱う場合、NFTという存在に目が行く ところがNFTではない音楽配信サイトというサービスを見つけました どんなものか?確かめてみました
NFT(Non-Fungible Token)

NFTだから売れる……というフェーズは終わったと思いたい

NFTだから売れる……という図式では、制作サイドがどれほどそこに世界観を詰め込んだとしても、買い手が今後値上がりするのかどうか?という判断基準で選ぶのだとしたら噛み合うわけがない 一説によると、仮想通貨で富を得た一定の層が、法定通貨に替えてしまうと納税の義務が発生してしまうため、仮想通貨で購入できるNFT界隈に流れ込ん...
WEB3.0

分散型SNSを考える

この頃、分散型SNSなんて言葉を見かけますが、それって本当に分散型?……WEB3.0なの?なんて思いましたのでここで考えてみます いや、多分、頭足りな子ですから、賢い勢の導き出す答えとはズレまくると思いますが、まぁ、エンタメとして受け止めて下さい(笑)
NFT(Non-Fungible Token)

WEB3.0と音楽の連携 〜 2024 〜

WEB3.0という言葉を見聞きするようになって随分と経ちますが、今ひとつ浸透しきっていない気がする今日この頃 とはいえ、仕組みとしては魅力的 もう少し時間はかかるかもしれませんが、やがて浸透する日が来ることは避けられないと思う そうなった時、乗り遅れていないように今からあれこれちょっとずつ、勉強しておこう!って思った訳...
NFT(Non-Fungible Token)

2024年から始めるNFT

NFTといえば、仮想通貨だのブロックチェーンだの聞きなれない言葉がつきまとってとっつきにくい印象なのですが、音楽とNFTの連携は今後、さらに広がるんじゃないか?と思い、今更ながら勉強じ始めました
NFT(Non-Fungible Token)

2024年 – 音楽NFTに求める機能

ビットコインがETF承認されるのか!?というこのタイミングではありますが(笑) 音楽NFTに求める機能を妄想してみようと思います 音楽NFTの話題もすっかりなりを潜めてきた雰囲気の2024年の年明け 果たして今一度盛り上がりを取り戻す事は出来るのでしょうか?
AI

音楽生成AIに音楽制作者が戦いを挑み勝つ方策を妄想してみる

音楽生成AIの台頭が凄まじかった2023年も過ぎ、2024年を迎えた今、音楽生成AIに対して人間が勝ち残るにはどうすればいいか?妄想してみようと思います まぁ、おそらくここでの妄想通りに世間が動くことはないとは思いますけどねw
AI

‘23〜’24年に向けたAIの活用方針

2023年はAIの話題に振り回された一年として締めくくりそうな感じですが、いよいよ音楽方面にも本格的な生成AIが現れてきた 音楽に限らず、文章、画像、映像とAIに出来ることがクオリティを上げてきた一年だったのではないでしょうか で、このAI……どう付き合っていくか? ちょっとこのタイミングで考えてみようと思います
スポンサーリンク