DTMの買い物には PayPal (ペイパル)が便利

スポンサーリンク



DTM・DAWをやるならPayPal(ペイパル)アカウントを持っていると便利だよ…って悪魔の囁き(笑)
まだペイパルアカウントを持っていない方やPayPalって何?って方はちょっと寄っといで!

PayPal(ペイパル)とは

PayPalというのは、ネットでお買い物をする際に手軽で便利な決済サービスのこと。
PayPal(ペイパル)|日本語公式サイト

PayPal決済を採用しているサイトでお買い物をする際に利用すると、クレジット情報を先方に伝えることなくクレジット決済を行うことが出来る。

どこかのサイトでお買い物をする際、心配だからクレジット情報は保存しない…って慎重な方もいらっしゃると思います。

ただ一箇所、PayPal(ペイパル)にだけクレジット情報を登録していれば、PayPalが間に入って決済を手助けしてくれるというもの。

ペイパルがどこで商売をしているのか?は定かではありませんが、アカウントを作るのに登録料や月額費用がかかることはありません。

決済時にべらぼうな手数料を上乗せされている様子もない…と思う。表向きの明細に書かれていないだけで、裏側ではどこか(売り手側)から手数料が取られているかもしれませんが。

ペイパルによる為替手数料が高い…という話もありますが、そちらも決済時に「通貨換算レートのオプション」を開き「PayPalの通貨換算レート」から「カード発行会社の通貨換算レート」にチェックを変更することでクレジットカード会社の為替手数料で支払うことが出来ます。

ペイパルのデメリットとしては、もうひとつ、分割払い(分割決済)を利用できない事くらいでしょうか。

それと、日本国内で運営されているサイトではペイパル決済を採用しているところが少ないんです。これ、ホント、いい加減取り入れて欲しいと思う。そもそも決済を採用していないところではペイパル決済出来ませんw

ペイパルという会社を信用できたなら、クレジットカードの番号などは伏せたまま、登録したメールアドレスを利用することでお買い物が出来る様になる。

海外サイトでお買い物

DAWを利用していくと、どうしてもソフトウェア音源やプラグインエフェクトが欲しくなっていくもの。

これらソフトウェア音源やプラグインエフェクトは、どうしても海外のサイトを利用することが多くなります。海外にあるメーカーの代理店として日本の会社が販売しているケースも多いのですが、何かと事ある毎に行われる破格のセールを利用したい時、海外のサイトで購入するほうがお買い得だったりするわけです。

そして、そんな海外のサイトではペイパル決済が多く採用されている。

だから、どこに所在地があるのか見当もつかない海外のサイトであっても、先方にクレジット情報を渡すことなく決済が出来るペイパルは非常にありがたいわけです。

登録さえキチンとできていれば、決済する時もほんの数クリックで完了してしまいます。
わざわざカード番号を打ち込んだりする必要はない。

ホント便利ですよ。

本当に安心なのか?

聞いたことのないサービスであれば、やっぱり不安になることでしょう。ペイパルって本当に安心できるのか?

ちなみに、ペイパルって会社、設立は1998年12月。その数年後、2004年にはeBayというオークション会社に買収されましたが、2015年7月に改めて独立。日本を対象に取り扱う国際部門はシンガポールを拠点に運営されているらしい。

一度はつまずいたものの再度立て直し、それからは特にひどいニュースを聞くこともない。この手の会社が何かやらかせば、かなりの規模のニュースになるはずですから、その後は順当に運営されていると思われます。

2007年3月からは日本語表記が始まり、日本国内向けの電話問い合わせカスタマーサポートも新設されて着々とその基盤を強固なものにしている。

個人的には、ペイパルを利用せずに規模の小さい商店でクレジット決済をする方がはるかにオッカナイと思います。

もうひとつの大きいメリット

クリエイターの方であれば、コミケのような場を利用して作品を販売されていたりする人もいらっしゃることでしょう。

そういった個人で商品を売っておられる方も、このペイパル決済をしてもらう方で利用することが可能。

つまり、小難しい契約を抜きにクレジット決済で販売することが出来るようになる。
もっとも、クレジット決済の契約は省けますが、サイト構築は必要。

WordPressというCMSを利用してサイトを持っておられる方であれば、プラグインを追加してペイパルビジネスアカウントを登録すれば、すぐにウェブショップを始められるわけです。
PayPal(ペイパル)ビジネスアカウント

銀行振込だけの販売だと、どうしても反応が薄かったりするかもしれませんが、そこにクレジット決済が使えるとなると可能背は間違いなく広がることでしょう。それもお客さんのクレジット情報を押し付けられること亡く決済が出来るので余計なリスクは背負わなくてもいい。

まとめ

ペイパル決済って、本当に便利。買う時も売る時も。

もちろん、今後、事件・事故がないとは言い切れません。しかし、それはなんだってそうでしょ?悪いことをする人は、どこで何をするか判らないから防げないわけです。

取り急ぎ、これまでの実績はちょっと検索するだけで知ることが出来ます。ある程度、自分で調べてみて、そんなに悪い事ばかりじゃないって確認できたなら、是非検討してみて下さい。

うちもね、アフィリエイトサービスの審査が落っこちて、明らかに値段が高い国内の代理店サイトを無理に推す必要がなくなりましたので(笑)、正直に便利な情報を提供できるようになりました。(←これがスポンサーによるシガラミ・ワダカマリかw)

海外のサイトって、何かと不安がありますが、そのうち大きなひとつがこれで解消できるのですから、是非検討していただきたいと思います。

PayPal(ペイパル)|日本語公式サイト

スポンサーリンク
スポンサーリンク



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク