Harrison Mixbus 用プラグインは他のDAWで使えないのか?

スポンサーリンク



Harrison 社がMixbus用に販売しているプラグインが他のDAWで使えるの?使えないの?というお話がありましたので確認をしてみました。
結論から申し上げますと、一部は使えて多くのプラグインはMixbus専用と捉えたほうが良さそうです。

詳細は続きをご覧ください。

ことあるごとにうちのサイトへリンクを貼ってくださるSawayaka Trip!様(いつもありがとうございます!)が、いち早くHarrison Mixbusのセール情報をお知らせされていました。
Mixbus v5 (Mother of all Bundles) 【$469→$49】|Sawayaka Trip!

その本文内で…

*これらプラグインは、おそらく、Mixbusでしか使えないと思われます。

(VSTフォーマットで他のDAWでも使えると言っている方もいますが、 詳細が確認できていません。)

…と記されておられました。

そういえば…と調べてみましたら、確かにHarrison社のサイトから手に入るプラグインの多くはStudioOneのプラグイン一覧に表示されておりませんでした。

StudioOneのプラグイン一覧に表示されていたMixbus用プラグインはこれだけ。

確か、Harrison社のサイトからプラグインをもうちょっと購入していたはず…と確認してみましたら、これだけありました(笑)

黄色い枠で囲った所にVSTと記されていて、他のプラグインにはLV2と記されている…ということは、これらはVSTといった規格のプラグインではない…ということになりそうです。

プラグインのコンポーネントが格納されているディレクトリに、Harrisonのフォルダがありましたので覗いてみましても、StudioOneで表示された3つしか確認できませんでした。

他のプラグインがどこに格納されているのか?プラグイン名でスポットライト検索をしましても見つかりません。

まぁ、どこに格納されていようがStudioOneのプラグイン一覧に表示されていないので、このままでは利用することは出来ないわけです。

Mixbusがセールなどのタイミングでプラグインも合わせて入手される際には、他のDAWで使えそうなのは、今のところ”AVA”の付くシリーズに限られている様なのでお気をつけ下さい。

何か専門的な操作をごにょごにょすれば使えるよ!ってケースも拭いきれませんが、現時点でわたしには判りません。

でわでわ

Harrison Console ウェブサイト
Harrison Consoles

スポンサーリンク
スポンサーリンク



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク