DTM一覧

【 Waves 】CLA MixHub チャンネルストリッププラグイン

Waves より CLA MixHub チャンネルストリッププラグインが新登場。今回はクリスロードアレジ監修の下、一歩踏み込んだ機能が盛り込まれている。 ちょうどSSLチャンネルストリップとNLS Non-Linear Summerを足してScheps Omni Chann...

記事を読む

【 AD2 】Addictive Drums 2 をStudioOneでパラアウトする方法

Addictive Drums 2 のパラアウトをStudioOneで受けてみるよ。パラアウトというのは、ドラムに立てているマイクの出力をそれぞれバラバラにアウトプットする…ってことで大方間違いないかと。(AD2の中ではパラアウトのことを"Separate Out"と表記) ...

記事を読む

【 AD2 】Addictive Drums 2 自分に必要な”ADpak”の見つけ方

Addictive Drums 2 には ADpak という別売りドラムキット音源があるわけですが、これを選ぶのに悩みすぎて他人様のオススメを検索されている人が少なからずいらっしゃるようです。しかし、必要なのは自分にとってのドラム音源。 ということで、あなたにとって必要...

記事を読む

【 StudioOne 】ボーカル録音をする時・ミックスする時に役立つガイドブック

Studio Oneを使ってボーカルレコーディングをしたり、付属プラグインを使って効果的に処理を施す方法を紹介しているガイドブックがPreSonusのサイトで販売されていましたのでご紹介。 StudioOne付属のプラグインエフェクトを使いこなせていない人や、これからボ...

記事を読む

Stutter Edit をバスチャンネルで使ってみた

iZotoep社製プラグイン"Stutter Edit"は、トリガーとして音階を示すMIDI信号(Note#・Key#)を利用しているので、ついつい音源のチャンネルで…という使い方に限定…と思い込んでおりましたが、バスチャンネルで使えればラジオなんかで聴かれるサウンドステッカ...

記事を読む

MixChecker Pro – Audified 〜 様々な再生環境を即座にチェック

MixChecker Pro とは、2mixファイルをエクスポートすることなく、様々な再生環境での聴こえ方をチェック出来るユーティリティプラグイン。 ミックスダウン作業そのまま、スマホやタブレット、カーステやテレビ・ラジオのスピーカーからどの様に聴こえるかをチェックできる。...

記事を読む

BIAS AMP 2 ToneCloud YJM 100〜Plexi50wと比較!

BIAS AMP 2 のプリセットがダウンロード出来るToneCloudでYJM100というアンプを見かけましたのでダウンロード。 その中身をご紹介します。

記事を読む

【無料】ピアノ音源 – Sound Magic ” Piano One v5.0 ” を試聴

YAMAHA C7をモデリングしたピアノ音源、Sound Magic「Piano One v5.0」 が無料で配布されています。 無料配布中なので、気になった方はさっさとダウンロードすればいいのですが、それでもやはり手に入れる前に音は確かめておきたいもの。 という...

記事を読む

【 iZotope 】Ozone 8 vs Neutron 2 〜 Elementsに出来ること

iZotope社製プラグイン "Ozone 8"や"Neutron 2" には3つのグレードがあり、最安値で手に入るのがElements。しかし、どうしても出来ることが制限されるため、オススメ!という話になるとStandardやAdvancedになる。 が、そうはいっても未...

記事を読む

iZotope Ozone8とNeutron2を使って海苔波形を作るよ

何かと賛否の意見が見受けられる海苔波形。とはいえ現状、CDに収録されている音源や、ニコニコ動画など一部のストリーミングサイトで聴かれる音源では、まだまだ海苔波形が見受けられる。 しかし、いざ海苔波形を作ろうとしてもこれが意外と難しい。 そこで、Ozone8とNeu...

記事を読む