Harrison Mixbus 32C V5 でVSTプラグインが使えない時は

スポンサーリンク



Harrison(ハリソン) Mixbus(ミックスバス) 32C V5 でもVSTプラグインは利用できる。Mac版であればAUプラグインも利用可能。しかし、インストール直後、VSTプラグインが認識されなかったので探ってみました。

VSTやAoudio Unitのプラグインが読み込まれていない…と思った時のチェックポイントは?

解決方法

何のことはない。環境設定で「プラグインのスキャン」にチェックが入っていないだけ。

方法は簡単。

メニューから「Preferences」を選択。

①環境設定の小窓が開くので、「Plugin >> VST or Audi Unit」を選択する。
②それぞれのページで「Scan for [new] VST Plugins on Appkucation Start」のチェック欄にチェックを入れる。

そうして再起動すれば、プラグインのスキャン小窓が開き、スキャンを始めてくれる。

プラグインをたくさん持っておられる方は、「Scan Time Out:」の設定を3〜5分に設定してやればまかなえるでしょう。

Mac版だけなのか、私の場合だけなのかは判りませんが、今回のインストール直後には、このプラグインをスキャンする機能が解除されておりました。

一度設定をして、読み込ませてやれば、次回からの立ち上がりはスムーズになります。

スポンサーリンク
スポンサーリンク



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク