日本人女性ピアニストによるスティーブ・ヴァイの曲をピアノで表現するアルバム

スポンサーリンク



スティーブ・ヴァイの曲をピアノで演奏して収められたアルバム”Piano Reductions Vol. 2″が発売になった。そこで演奏するのはなんと日本人!
とても気になったので、ちょっと調べてみました。

Piano Reductions Vol. 2

スティーブ・ヴァイの曲をピアノで演奏する…というアルバム”Piano Reductions Vol. 2″が発売されたのは2019年1月18日。

Ad Link


Amazonで見る
Piano Reductions Vol. 2

Amazon Music Unlimitedはもちろん、SpotifyやApple Musicでも聴くことが出来ます。

このピアニストは誰?

“Piano Reductions Vol. 2″のアルバムジャケットに写る女性は誰?

お名前を荒井 美帆(Miho Arai)さんとおっしゃるようです。

彼女名義のウェブサイトはコチラ
トップページ|Miho Arai OFFICIAL SITE<

Facebookはこちら
荒井 美帆|Facebook

彼女名義のウェブサイトも、ドメインが取得されたのは2019年01月07日っぽいので、本当にアルバム発売直前まで情報が伏せられていたように感じます。
Facebookの更新がが2013年で止まっているのも、情報規制の影響なのかもしれませんね。知らんけど(笑)

経緯

スティーブ・ヴァイのサイトにこのアルバムが制作された経緯が記されていました。
Vai.com – The Official Steve Vai Website

事の発端は2013年、荒井美帆さんがYOUTUBEにアップしていたスティーブ・ヴァイの曲をピアノで演奏したダイジェスト動画を、ヴァイ自身が見たことのようです。そこから水面下で打ち合わせが繰り返され、荒井さんの準備が整うとハリウッドのOcean Way Recordingスタジオ(現在はUnited Recording Studios)でレコーディングを繰り返す。

そうして完成したのがアルバム”Piano Reductions Vol. 2″。

Vol. 2があるならVol. 1もある

今回のアルバムタイトルには”Vol. 2″と記されています。ということは、”Vol. 1″もあるんか?ってなりますよね。

で、調べてみましたらありました。

Ad Link


Amazonで見る →
Piano Reductions Vol. 1 – Performed By Mike Keneally


2001年にリリースされていた”Secret Jewel Box”という企画の一部ですね。公表されている企画内容にはVpl.2 は含まれていませんので、Miho Araiさんとの合作は独自枠での販売(そもそもお二人の出会いがこの企画の後w)ということっぽい。

フランク・ザッパとの縁でマイク・ケニリーが要望に答えてくれたようです。

締め

今回演奏をされた荒井美帆さんがどういった音楽を中心に演奏されてきたのか?まったく情報がないのでなんとも言えませんが、彼女の経歴に東京音楽大学ピアノ科中退とありますので、クラッシック辺りもバッキバキに弾いてこられたんでしょうね。それくらいの素養がなければスティーブ・ヴァイの楽曲をピアノで…なんて出来ないでしょうし(笑)

ヴァイのこの曲が…

こんな風になっていますw

恐るべしMihoさんw

で、マイク・ケニリーの動画もありました。

でわでわ

Special Thanks

このアルバムの存在や、制作することになった経緯を綴ったヴァイのサイトについて、いつもお世話になっているYoshiyuki Endoさん(@yoshiyuki_endo)に教えて頂きました。
いつも貴重な情報をありがとうございます!

スポンサーリンク
スポンサーリンク



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク