BIAS FX 2 – PositiveGrid スタンダードで使えるアンプ・エフェクター

PositiveGrid社から新たに登場したBIAS SX2 は、3つのグレードに分かれて販売されている。ここではスタンダードグレードで使用可能なアンプやエフェクターの紹介いたします。 果たしてお目当てのアンプやエフェクターはこのスタンダードで使えるでしょうか?

記事を読む

BIAS FX 2 – PositiveGrid 使い方

PositiveGridから新登場のBIAS FX2。使い方…なんてタイトルを付けてしまいましたが、そんなもん悩むほどではない(笑)。 正味のところ、実際に使ってみないと見られない画面などのご紹介です。 まだ購入を検討している人あたりのご参考になれば…といったところ。

記事を読む

BIAS FX 2 – Guitar Match の使い方〜My Instrument Profile の作り方

BIAS FX2から搭載された新機能"Guitar Match"の使用には、まず手持ちのエレキギターを分析させる…という準備が必要になる。 この分析作業…My Instrument Profile の作り方が少々判りにくかったのでメモ。 どないすんねん!?って方のご参考になれば幸いです。

記事を読む

Blue Cat’s Re-Guitar VS BIAS FX 2 ピックアップエミュレーション対決!

Blue Cat’s Audio の Re-Guitar と BIAS FX 2 のGuitar Match による、音の聴き比べをしてみましょ。 Re-Guitar と BIAS FX 2 のGuitar Matchの両方の歪んだ音色もクリーントーンもこのページでまとめて比較できます。

記事を読む

Blue Cat’s Re-Guitar 歪んだサウンドで聴き比べ

Blue Cat's Re-Guitar (ブルーキャッツ リ・ギター)を歪んだ音色で聴き比べてみますよ! 前回の紹介の中で添えていた本源はアンプシミュレータを通さない素の音やったので、ピン!と来にくかったかもしれません。 今回は程々に歪ませてみましたよ(笑)

記事を読む

Blue Cat’s Audio Re-Guitar 〜 エレキギター用ピックアップエミュレーター

Blue Cat's Re-Guitar とは、エレキギターに搭載されたピックアップを別のタイプの音に差し替えてくれるプラグイン。 シングルコイルのギターの音をハムバッキングピックアップの音にしたり、アコギの音にしたりしてくれる。 もちろん、ハムバッキングのギターの音をシングルコイルの音にしてくれたり、別モデルのハムバッキングピックアップの音にしてくれたりアコギの音っぽくもしてくれるスグレモノ。

記事を読む

HellBeast | Audio Assault

Audio Assault より、アンプシミュレータのニューモデル"HellBeast"が登場。過激な歪みが売りのAudio Assaultが導き出した新たな解を聴き比べしてみましょ。

記事を読む

自分のレベルは客観的に把握しつつも、コンテンツとしてパッケージする最短の手順を模索する

自分のレベルや置かれている環境を客観的に判断して、観念する。これはなにも作曲に限った話ではないかもしれない。とはいえ、曲作りを始めたあなたが迷子にならないためにも、改めてこんなお話をしておこうと思います。 パッケージまでの道のりをしっかり頭に描いて、一歩一歩、しっかりと歩んでくださいね。

記事を読む

主旋律を本気で集中して聴いているか?

曲を作りたい!と言って始めた作曲なのに、いちいち◯◯の音がどうのこうの…という悩みは、実に時間がモッタイナイ。 そんな事で悩む…という事は、ひょっとしてこれまでに音楽を超真剣に聴き込んだことがないんじゃないの?なんて思ったりもする。 自分のモノサシが出来上がっていないのに、音の善し悪しが判断出来る訳がない。 そんなお話です。

記事を読む

【UR-RT 2】NEVE製トランスフォーマーの効果をおしゃべり声で聴き比べ

steingerg UR-RT2に搭載されたNEVE製トランスフォーマーの効果を聴き比べてみよう!というお話です。Shure SM-58を2本、UR-RT2に挿し、片方はそのまま収録。もう片方はNEVE製トランスをオンにして、その違いを聴き比べてみましょう! サンプルは…私の声(笑) この聴き比べのために恥を忍んで挑戦してみました!

記事を読む