ライブのセットリストをスコア・コード譜ごと管理してくれるiOSアプリ

スポンサーリンク



ライブのステージ上で次に歌う歌のスコアをペラペラっとめくりつつ喋りで間をつなぎ、次の曲のスコアどこいったっけwと慌てふためくシーンを見かけることがありますが、iPadを持っていれば、もうそんな悩みともおさらば!

奥田民生さんが開発に大きく携わり、アプリの名前まで決めちゃったらしい(笑)。
そのアプリの名は「Mr.Lyric」。
Mr.Lyric|App Storeプレビュー
基本機能は無料でダウンロード!

通信制限に追われていない方は動画をどうぞ!


動画の中では「近日リリース!」となっていますが、Ver1.0が2016年4月27日にリリースされていて、2018年10月現在Ver1.0.5まで来ています。

実はこの手のアプリを他に使ったことがないので、比較評価…って出来ないのですが、このアプリに最初に出会って良かった!と思ってます。

何がいい!って、写真をアルバムから取り込むことが出来る(課金機能)。

写真を取り込めて何がいいの?って、あまり大きな声では言えないのですが、某コード譜サ◯トで歌いたい歌を見つけてコード譜全体をキャプチャ→Mr.Lyricに取り込む→セットリスト結合…ってやると、集めたコード譜が、歌いたい順番にスワイプで次々表示されちゃう。

使い心地は今のところ文句なし!

スラスラ〜っとめくれて気持ちいいw

リンク先や動画をご覧いただければお判りいただけますが、アプリのUIも無駄にカッコいい!事務的に地味なUIも用途によっては必要だけど、スコア・コード譜を管理するアプリならカッコいい方が気分も盛り上がるってもんでしょ?地味なのがいいってなら地味なUIも用意されていますのでそちらを使って下さい(笑)

追加機能は4機能でそれぞれ¥120。全部課金しても480円ですよ。

ただ、今のところメトロノーム機能は使わないので課金していませんw

あとドロップボックスを使うならクラウド追加機能も課金するけど、今のところ、コード譜の入手先がイケナイ方法中心なので保留中。

つまり今のところ広告を消すのと写真を取り込む機能の2つに課金しまして240円。
これで快適!

その他、AirTurnなどのBluetoothフットペダルに対応していて、ページめくりを足で操作出来たりもするらしいのですが、AirTurnってモデルがいくつかあって、どれを買えばエエねん!って感じ。これか?と思ったらやけに値が張ってるw

IK Multimedia iRig Blue Turn モバイルBluetoothフットペダルだ使えんのかい?とフックアップさんのサイトを見てみるも、対応アプリの一覧にMr.Lyricの名はない。
これが使えればまぁまだ買えなくはないんですけどねw

人柱になってみるか…

でわでわ

スポンサーリンク
スポンサーリンク



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク