iZotope BreakTweaker 〜プリセットから見た想定される使い方

スポンサーリンク



iZotope BreakTweaker というリズムマシンの想定されている使われ方、使われるジャンルをプリセットの内容から紐解いてみようと思います。

どんな事ができるのか?どんなジャンルで活かせるのか?プリセットを見るのがまずは近道…ということで、まずはここから見ていきましょう。

Ad Link

BreakTweaker Expanded Drum Machine by iZotope|PluginBoutique

BreakTweakerとは

BreakTweaker とは、簡単に言えば iZotope によるリズムマシン。UIを見ると一見6トラックのステップシーケンサーといったところ。
しかし、ひとつのトラックに3枚のレイヤーが詰め込まれており、それらのレイヤーそれぞれにBreakTweaker内のシンセとサンプラーが選べるようになっている。

(クリックで別窓拡大表示できます)

なので、シーケンサーとしては6トラックだが、かなり作り込んだリズムを作ることが出来る。
早速デモ音源をひとつ聴いてみましょう。

【プリセット>>Demo>>tutorial】

「デモ>>tutorial」というくらいですから、まずはじめに聴いておくプリセットかな?と思います。

BreakTweakerってリズムマシンはこんなリズムが作れるんやね…って。

それではプリセット全体を見ていきたいと思います。

※お断り

このページで紹介しているプリセットは、すでにExpandedパックがインストールされています。BreakTweaker本体に含まれていないプリセットも紹介していますので予めご了承下さい。

デモ音源を聴いて頂く前に

BreakTweakerでは、プリセットひとつに12のパターンが用意されており、さらにもう12パターン追加することが可能。

で、今回のデモ音源では、各プリセットに用意されているパターン12個のうち頭から6パターンを連続して鳴らしています。

パターンはそれぞれ鍵盤のC2から半音刻みでアサインされており、DAWの方で必要な音階を打ち込むことでBreakTweakerのパターンを鳴らすことが出来ます。

今回は、1〜6のパターンを4小節分(2小節構成のパターンなら2回、1小節構成のパターンなら4回)繰り返して、切り替えています。

BreakTweakerプリセット

プリセットの選択画面はこんな感じ。

(画像はクリックで別窓拡大表示できます)

先程聴いていただいた【Demo>>tutorial】が選択されている状態です。

その他、Demoの中には「AB-Bouncing Toms」「RD-Wobble Gritch」「TJ-Electro Bobble」「ZK-Compton」といったプリセットが並んでいます。
EDM系統のジャンルが得意な人には伝わるのでしょうか?私には全くチンプンカンプンなプリセット名が並んでいますw
「RD」とは「TJ」とかって人の名前でしょうか?違う?

プリセットのカテゴリー

カテゴリーは…といいますと「Demo」の他に…

・Cinematic Textures
・Dubstep
・Electro
・Hip Hop
・Minimal
・Modern Grooves
・Retro
・Vintage Machines

といったグループに分かれています。

明らかな音楽のジャンル名やレトロ・モダン・ヴィンテージといった抽象的なグループも用意されている。

それではそれぞれのカテゴリーの中身を見ていきましょう。

Cinematic Textures

シネマティック・テクスチャーズというカテゴリーにはいきなりかなりの数、プリセットが用意されていましたw

(画像はクリックで別窓拡大表示できます)

「シネマティック・テクスチャーズ」という名前ではちょっと抽象的すぎますので、さっそく一部の音を聴いてみましょう。

【 AB-Abstract Bad Circus 】( Tempo = 112 )

【 AB-Action Dark Traveler 】(Tempo = 127 )

【 AB-Tension Hacking 】(Tempo = 118 )

【 CL-Abstract Beoken Noise 】(Tempo = 102 )

【 CL-Action Sixth Gear 】(Tempo = 125 )

【 CL-Tension Bodyclock 】(Tempo = 98 )

Dubstep

続いてプリセットカテゴリー「ダブステップ」を見てみましょう。

(はみ出したプリセットがひとつだけだったので画像を加工してつなげています)
ダブステップってのは音楽のジャンルでいいんでしょうか?実はこの辺りのジャンルに疎くて、あまり良くわかっておりませんw
名称の読み方や意味よりも、どんな音がするのか?というのが大事!ということで、こちらも早速音を聴いていただきましょう。

【 AB-Simplicity 】(Tempo = 135 )

【 RD-Wobble Glitch 】(Tempo = 120 )

【 SMLSS-Dub-Breaks 】(Tempo = 120 )

【 SP-Sludge Rocket 】(Tempo = 120 )

Electro

次はプリセットカテゴリー「エレクトロ」を見てみます。

エレクトロってのもジャンルの名称でいいんですよね?ホントすみませんw
早速プリセットを聴いて下さい。

【 AB-Stab 】(Tempo = 120 )

【 CL-Eastern Nightcap 】(Tempo = 120 )

【 TJ-TIght Drum and Bass 】(Tempo = 174 )

Hip Hop

続いてプリセットカテゴリー「ヒップホップ」を見てみましょう。

次のHip Hopはジャンルの名前にもなってますね!ジャンル以外の意味合いが含まれていたりすると怖いので、知ったかぶりは出来ませんw
早速プリセットを聴いて下さい。

【 AB-Steamboat Hop 】(Tempo = 120 )

【 CL-Mod Hop 】(Tempo = 120 )

【 ZK-Space Hop 】(Tempo = 93 )

Minimal

次にプリセットカテゴリー「ミニマル」を見てみましょう。

(プリセット一覧がはみ出して一度に見れませんでしたので加工してつなげています)
ミニマルというのはジャンルであるのでしょうか?それとも形容詞的なミニマルをプリセット名にしているだけなのか?その辺解りませんw
早速プリセットを聴いてくだだい。

【 AB-Breaks and Beats 】(Tempo = 120 )

【 AB-Simple Bass 】(Tempo = 120 )

【 SP-Junkyard Island 】(Tempo = 120 )

Modern Grooves

続いてプリセットカテゴリー「モダン・グルーブス」を見てみましょう。

(プリセット一覧が収まりませんでしたので加工してまとめました)
モダングルーブってのは、ジャンルの名前ってよりは「今時のグルーヴ」ってことなんでしょうね?多分w
プリセットを聴いて下さい。

【 A Little Shock 】(Tempo = 125 )

【 Butterfly Effect 】(Tempo = 128 )

【 Gremlins 】(Tempo = 130 )

【 Let It Go 】(Tempo = 124 )

【 Revolution 】(Tempo = 134 )

【 Underground 】(Tempo = 122 )

Retro

次にプリセットカテゴリー「レトロ」にいってみましょう。

レトロ…といっても昭和チックってワケではないってことは判りますw
早速プリセットをお聞き下さい。

【 CL-Retropolis 】(Tempo = 120 )

【 SMLSS-Many-Breaks 】(Tempo = 120 )

【 SP-Mechanical Bull 】(Tempo = 120 )

Vintage Machines

次はプリセットカテゴリー「ヴィンテージマシーン」を見てみましょう。

ヴィンテージってくらいですから、相当古いリズムマシーンの音をサンプリングしているのでしょうか?今の段階ではその辺の機種などが不明です。
プリセットのサンプルを聴いてピンとくる人、いてはりますでしょうか?

【 JF-Boom Bap 】(Tempo = 83 )

【 JF-Drop That Booty 】(Tempo = 126 )

【 JF-Grinder 】(Tempo = 126 )

【 JF-Slam The Poet 】(Tempo = 81 )

【 JF-Trap Alarm 】(Tempo = 77 )

【 JF-Uptown Beat 】(Tempo = 122 )

まとめ

いかがでしたでしょか?

全てのデモ音源を聴いていないとしても、いくつか聴いていただけただけでもこのBreakTweakerのポテンシャルを感じることが出来たのではないか?と思います。
ポテンシャル…といいましても、所詮ステップシーケンサー…と思う人もいらっしゃるかも。しかし、このBreakTweakerには音ネタをサンプリングして並べるだけにとどまらず、ワンショットの音ネタにもスライスを施してリズミカルに鳴らしてみたり…などなど、ひと手間加えた加工を施すことも出来、更にはシンセによる音作りで音像を広げることが出来たり…と、なかなか奥の深いリズムマシーンなのではないでしょうか。

プリセットで使える音からは、利用できるジャンルを限定させてしまう印象が大きいのかもしれませんが、私のようにEDM系の音源制作になじみのない人にとっては、いい入り口となるのかもしれません。(密かにこれらのビートにギターを乗せてみよう…なんて画策しておりますw)

サクッとプリセットを並べ替えてリズムパートを組むもよし、音ネタを並び替えたり加工したりして、新しいパターンを組んで独自のリズムを鳴らすもよし。
iZotopeの技術が注ぎ込まれたリズムマシーンなのではないでしょうか。

メーカーサイト(英語)
BreakTweaker|iZotope

Ad Link

BreakTweaker Expanded Drum Machine by iZotope|PluginBoutique

スポンサーリンク
スポンサーリンク



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク