Music一覧

Waves Studio Rack

Waves Studio Rack とは、ソフトウェア・ラック・プラグインである。プラグイン・シェルとも呼ばれるらしい。ひとつのStudio RackにWaves社のプラグインを8つまで設置して、各パラメータごと保存・呼び出しをすることが可能。ホストDAWの限られたプラグインスロットを拡張することが出来る。 Waves.comにアカウントを作ると無料配布されている。DiGiGridハードウェアが必要と誤解されそうな記述もまれに見かけるがなくても利用出来る。

記事を読む

ステレオミックス、定位の話

ステレオミックス、パンニング、定位設定に正解はないのだろう。しかし、だからといって適当に…というわけにもいかない。自分なりの設定はどうしたいのだろう?そんなことをつらつらと。

記事を読む

WAVES Scheps Omni Channel 〜 Preset – Bass 〜聴き比べ

WAVES Scheps Omni Channelに収められた膨大なプリセットからエレキベース向けの設定を聴き比べ。

記事を読む

WAVES Scheps Omni Channel 〜 Preset – Drum Bus 〜聴き比べ

WAVES Scheps Omni Channel に予め収められている膨大なプリセットからバストラックにまとめたドラム音源に挿せそうなプリセットを取り上げて、聴き比べてみようと思います。ドラムキットそれぞれ個別にかけてやる使い方もありますが、今回はまとめて掛ける方でお楽しみ下さい。

記事を読む

Bulldozer(ブルドーザー)/Audio-Assault

Bulldozer(ブルドーザー)とは、Audio-Assaultのギターアンプシミュレーター。 アンプヘッドは2chのものが1種類にもかかわらず、10種類のペダルエフェクターと個性豊かなキャビネットを変えることで幅広い音色を提供してくれる。IR(インパルスレスポンス)技術を用いたキャビネットを選択することで、より生々しいサウンドが得られるお買い得アンプシミュレータープラグイン。 果たしてその実力とは!?

記事を読む

InstaChord / W.A Production

インスタコード(InstaChord)とは? コードの構成や、演奏がまだ得意とは言えない方へ向けた、サポートツール。 予め鍵盤にコードと演奏方法を指定しておき、左右の指一本ずつでコード演奏が可能になる。 ある程度、コードの構成を把握できている方や、コードによる伴奏が出来る方はかえって手間がかかるだけかと思われる。 さて、その実力は如何に!?

記事を読む

Dominator / Ausio-Assault(ドミネーター/オーディオアサルト)

AUDIO-assault の Dominator というアンプシミュレーターについてレビュー。 男気のある販売形態は男気のある音色をもたらしてくれる(笑)。シンプルではありますが、非常に幅広く音色を設定することも可能。なによりIR(インパルスレスポンス)を搭載しているというこだわりも評価が高い。 その実力は如何に?

記事を読む

ただ、それだけ…

「ただ、それだけ…」自分史上最高のバラードです。

記事を読む

早う働け

アップテンポなリズムに絡む歪んだギターのリフレイン…そこに乗っけた思いは「早う働け」w働こうとはしているんやけど、どうにも上手いこといかんのよね…という歌です(笑)

記事を読む

ぼちぼちね

「ぼちぼちね」という曲です。女の子に歌ってもらえたらな…と思い、自分にとっては中途半端なキーになってしまいました。 いろいろと言い訳してみたいと思いますw

記事を読む