【UR−RT】こんな使い方しても大丈夫でしょうか?

スポンサーリンク



steinberg社製オーディオインターフェイス・UR−RTシリーズをこんな使い方してもいいものか?ふと疑問に思ったのですが、どこで調べればいいものか?見当もつかなかったもので、誰かにお尋ねする際に「こんな使い方しても壊れませんか?」って見てもらうためにあらかじめここに書き出しておきます。

RND製トランスフォーマーの効果をマイクやギターだけに利用するのはもったいなく感じまして、どうせならDAWの方で組み立てたソフト音源のフレーズをトランスフォーマーに通してみたくなったわけです。

ざっくりと図をご用意いたしましたのでご覧ください。

言葉で言っちゃいますと、DAWから出力した音をUSBでUR−RTへ送り、MAIN OUTPUTから出力される音を、今度はTSフォーンケーブルを通して、UR−RTのインプットへ送っちゃってもいいものかどうか?ってことです。

頭の中ではなんとなくいけそうな気がするのですが、そもそもUR−RTのOUTPUTとINPUTをケーブルでつないじゃっても大丈夫なものかどうか?ってのが素人判断でつなぐのが怖い…と、今ココ…な感じですw
もっと理科や科学の勉強頑張っておけばよかった…orz

UR−RTのMAIN OUTの出力される電気量は、UR−RTのインプットで受け止められる電気量なもんでしょうか?

これが出来れば、MIDIで鳴らしているドラムトラックなどにR印のトランスフォーマー風味を加えることが出来て面白そう!って思った次第であります。

他にも同じ事、考えている人…けっこういらっしゃるのではないでしょうか?

「俺、やってやったぜ!」という方は、よろしければツイッター経由でもお知らせいただけると勉強になります。

どうぞよろしくお願いいたします。

リアンプというらしい

(2018.11.1加筆)
今回、このページでやりたかったことを「リアンプ」というらしい。プリアンプにもう一度通し直すから「リアンプ」でいいのかな。

で、このUR-RTから音を吐き出して、サイドUR-RTのインプットに入れてDAWへ送る使い方をUR-RT4であれば問題なく可能!という解説がサウンドハウスさんのサイトで紹介されていました。
UR-RT4 ソフト音源やループ素材をリアンプして楽曲になじませる方法|サウンドハウス

※音源をモニターしながらのリアンプはUR-RT4のみ可能です。という注釈があるので、「ならモニターしながらでなければUR-RT2でも出来るんかな?」というひねくれた解釈をしたくなりますが、その辺の真実は未確認。

ん〜気になるw
(以上2018,11,1加筆)

自分でも調べてみた

(7月16日加筆)
丸投げちっくな感じでしたので、自分でもここまでは調べてみたのですが…的なところを記しておきます。

UR−RTのアウトプットからインプットへケーブルを繋ぐにあたって、気をつけるべき点を考えてみました。素人考えに思いついたのは「インピーダンス」とやら。これがまたチンプンカンプンなんですよねw言葉は知っているけど。

で、以下のサイトでインピーダンスやら電流やらΩやらを頭に叩き込みました。

参考サイト

インピーダンスとインピーダンス・マッチング | アンブレラカンパニー | BUZZ
【今さら聞けない用語シリーズ】3分でわかる!インピーダンスって何でしょう? ロー出しハイ受け? – Digiland (デジランド) 島村楽器のデジタルガジェット情報発信サイト

大事な基本は「ロー出しハイ受け」らしい。

で、UR−RTの取説を眺めてみる。

すると…

・MIC INPUT 1/2 (バランス) 入力インピーダンス → 4 kΩ
・HI-Z INPUT (アンバランス) 入力インピーダンス → 1 MΩ

と書かれてある。更に眺めているとアウトプットについても記述がある。

・MAIN OUTPUT L/R (バランス/アンバランス) 出力インピーダンス → 75 Ω

これ、アウトプット75Ωで、インプットが4kΩ or 1MΩということは、「ロー出しハイ受け」の法則にはハマっていることになるんよね?

「4kΩ」って「4,000Ω」「1MΩ」って「10,000Ω」ってことでしょ?

ということは、インピーダンスのマッチングだけを考えるならつないでも大丈夫!って事になりそう。

だけどね…

ここが素人の怖いところw

本当にこれで大丈夫?だって、アウトプットの数字(75Ω)とインプットの数字(4kΩ or 1MΩ)が2桁3桁違っているけどいいの?

それに、他にも何か気にしなくてはいけないマッチングがあるかもしれない…し、無いかもしれない。その判断がつかないんですよねw

インピーダンスだけを気にしてやれば、こんなつなぎ方をしても大丈夫なのでしょうか?

引き続き、ご意見募集中でございます。よろしくお願いいたします。
(_ _;)


Ad Link

STEINBERG ( スタインバーグ ) / UR-RT
サウンドハウスで見る
STEINBERG ( スタインバーグ ) / UR-RT


Amazonで見る
Steinberg UR-RT2


楽天で見る
「steinberg ur-rt」の検索結果


関連ページ

【UR-RT 2】NEVE製トランスフォーマーの効果をおしゃべり声で聴き比べ

UR-RT2 steinberg (スタインバーグ)買っちゃったよ
UR-RT2 steinberg (スタインバーグ)買っちゃったよ
UR-RT2 steinberg (スタインバーグ)買っちゃったよ
Rupert Neve Designs社と steinberg (YAMAHA)がコラボしたオーディオインターフェース「UR-RT 2」買っ...
steinberg UR-RT 2 のプリアンプ「D-PRE」はアンプシミュと相性よい?
steinberg UR-RT 2 のプリアンプ「D-PRE」はアンプシミュと相性よい?
steinberg UR-RT 2 のプリアンプ「D-PRE」はアンプシミュと相性よい?
UR−RT 2 UR-RT 4 に限らずURシリーズに搭載されているプリアンプ「D-PRE」。エレキギターなどのハイインピーダンス接続の場合...
UR-RT2は最初からダイレクトモニターが有効
UR-RT2は最初からダイレクトモニターが有効
UR-RT2は最初からダイレクトモニターが有効
昨日までにUR-RT2とギターをつないで楽しんでいたのですが、その時、実は感じて報告していなかったことがあります。それは、ダイレクトモニター...
UR-RT 搭載 D-PRE RND製トランスフォーマー 音色視覚化に挑戦
UR-RT 搭載 D-PRE RND製トランスフォーマー 音色視覚化に挑戦
UR-RT 搭載 D-PRE RND製トランスフォーマー 音色視覚化に挑戦
RND(ルパートニーブデザイン)製トランスフォーマー搭載で話題と鳴っているUR−RTシリーズには、プリアンプとしてD-PREというモデルが搭...
【UR-RT特集】サウンドデザイナー2018.07号別冊付録
【UR-RT特集】サウンドデザイナー2018.07号別冊付録
【UR-RT特集】サウンドデザイナー2018.07号別冊付録
【UR-RT特集】サウンドデザイナー2018.07号別冊付録 steinberg社のオーディオインターフェイス「UR-RT2」「UR-...
steinberg UR-RT には DSPが搭載されている
steinberg UR-RT には DSPが搭載されている
steinberg UR-RT には DSPが搭載されている
新発売になったUR-RTシリーズには、DSP機能が搭載されています。 Universal AudioのAppoloシリーズ等でお馴染みのU...
【UR−RT】購入前に対抗馬チェック!〜予算編〜
【UR−RT】購入前に対抗馬チェック!〜予算編〜
【UR−RT】購入前に対抗馬チェック!〜予算編〜
RND製トランスフォーマー搭載が話題になっているUR−RTシリーズを購入しようと考えておられる方に向けて、同規模、同価格帯のライバル機器を今...
【UR−RT】購入前に対抗馬チェック!〜スペック編〜
【UR−RT】購入前に対抗馬チェック!〜スペック編〜
【UR−RT】購入前に対抗馬チェック!〜スペック編〜
steinberg社製オーディオインターフェイス「UR−RT」シリーズの購入を検討している方が、天秤にかけるべきライバル機種をピックアップ!...
【UR−RT】iOS端末でも使えるオーディオインターフェイス
【UR−RT】iOS端末でも使えるオーディオインターフェイス
【UR−RT】iOS端末でも使えるオーディオインターフェイス
steinberg社から新発売のUR−RTシリーズオーディオインターフェイスは、Lightning to USB カメラアダプタなどの変換ケ...
スポンサーリンク
スポンサーリンク



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク