UR-RT2 steinberg (スタインバーグ)買っちゃったよ

スポンサーリンク



Rupert Neve Designs社と steinberg (YAMAHA)がコラボしたオーディオインターフェース「UR-RT 2」買っちまった。
オーディオインターフェイスを手に入れた後って、何かとやることがありましたので忘れる前に覚書。

レビューなどはまた次の機会に回します。今回は開梱から接続までのご案内。

UR-RT とは

ルパートニーブさんといえば、アウトボードエフェクターからミキシングコンソールまで数々の銘機を生み出してこられたエンジニアさん。そんなニーブさんが、steinbergの人気モデルURシリーズに搭載されているマイクプリアンプ「D-PRE」にマッチングさせたトランスフォーマーを開発、搭載されたのが「UR-RT」というオーディオインターフェイス。

「UR-RT 2」と「UR-RT 4」の2つのモデルがある。

その他詳しい情報はsteinbergのサイトでご確認下さい。
UR-RT シリーズ|steinberg.net

UR-RT 2 同梱物と外観

今回は最寄りの楽器屋さんにて自分の足でお買い物に行ってまいりました。なにせ、急に思い立って、今すぐ触ってみたい!という衝動に駆られたもので(笑)
で、自宅に持ち帰ったUR-RT 2がこちら

フロントパネルがこんな感じ

リアパネルはこうなっています

リアパネルの右端にラインインが2ch分ありますのでインプットは4chということになります。

天板には通気穴があり…

その隙間から覗き込みますと…

ルパートニーブさんのサインと思しき印刷の施されたトランスフォーマーが鎮座しております。真空管のように光ったりはしないので地味っちゃ地味(笑)

同梱物は電源ケーブルとUSBケーブル、そして取説類。

取説類の中で一枚だけ袋に入っていない「はじめにお読み下さい」って紙があるのですが、この中に『【製品を開封する前に】お使いのパソコンは「64ビット環境ですか?』ってあるのですが、これは開封前じゃなくて、購入前に確認せえよwって思いましたが、どうやらバンドルされているCubase AIが32ビット環境では動きませんよ!ってお話の様子。いやはやw

UR-RT 2セットアップ!

同梱物の中にある袋に入ったスタートアップガイドがなかなかのボリューム…と思っていたら、10カ国分の言語で書かれているので、日本語のページは20ページにも満たない程度(笑)ハラハラさせやがるぜw

で、ざっくり斜め読みで読み進めてみますと、どうやら「Tool for UR-RT」というソフトを入れなっければならない様子。CDが同梱されていましたので、そこから早速インストール。途中、案の定セキュリティーでつまづきましたので環境設定アプリを起動して許可。これでオッケー!と思っておりましたら、なにやらUSBのドングルのようなものを挿してね、って案内で止まっている…。

そんなのないよ…

ちょっとあれこれ検索してみましても、なかなか的を得たアドバイスは見つからず。

ならば…ってことで、挿さずに進めてみましたら、どうやらそれでよかったらしい(笑)

USBのライセンサーを持っている人はそちらにアクティベートしておけば便利ですよ。なければパソコンで登録しときますね…ってことだったらしい。この辺は明確にどこか判りやすいところに書いておいてほしかったw

で、なんとかインストールは終わり、今度はスタインバーグのサイトでアカウント作成。ハードウエアの登録とバンドルプラグイン等のアクティベーションを済ませる。

この辺はじっくり読みながら進めていけば悩むことなく済ませました。

で、今度はCubase AIのインストール。

まずはインストーラを入れて、そこから今度はお目当てのCubase AIをダウンロード…と、ここで衝撃の事実発覚!
なんと、Cubase AIのファイルサイズが6GB以上w手元のストレージにそんな余裕ないよw

ここでCubase AIのインストールは断念しました。

また、期間限定キャンペーンで付いてくるA.O.M.のプラグイン、これ、Cubaseでしか使えないらしい。ということで、これも放置確定。ちょっともったいない気もしますが、今回は無理w

そもそも、うちのパソコンは型落ち購入のMacbookPro。MacOSって、ドライバのインストールとは殆どいらない仕様のはず。ということは、もしかして、バンドルプラグインの使用を後回しにすれば、いきなり接続しても使えたんとちゃうん!って事に、あとから気づいてしまいました。

今となっては確認ができないのでハッキリしませんが、ループバック機能などを使わないのであれば、ひょっとするといきなり接続しても認識してくれたかもしれません。

まぁ、dspMixFx_UR-RT2アプリが使えたほうが便利は便利ですので、結局いつかは入れることになるわけですが(笑)

ともあれ、多少のつまずきはあったものの、なんとかAudio MIDI設定アプリの方でも認識してくれ、StudioOneの方でも認識してくれました。

ざっくりと信号の入出力は確認できましたので、壊れてるやん!ってことはないw

まとめ

というわけでして、まだまだ判らないことだらけとなっておりますので、レビューやらの詳細はまた後日…ということにさせていただきます。

これまで使ってきたFocusrite Scarlet Soloと比べてかなり大きく、トランス搭載の影響もあってか、かないずっしりとした重みを持つこのUR-RT 2。果たしてその実力はいかほどか!?楽しみですw

このUR-RTシリーズを購入検討されておられる方で、スタインバーグ社の製品に馴染みのある方は問題ないでしょうが、今回のわたくしのように初体験の方は、じっくりとガイドを読みながら進めてくださいね!


Ad Link

STEINBERG ( スタインバーグ ) / UR-RT
サウンドハウスで見る
STEINBERG ( スタインバーグ ) / UR-RT


Amazonで見る
Steinberg UR-RT2


楽天で見る
「steinberg ur-rt」の検索結果


関連ページ

【UR-RT 2】NEVE製トランスフォーマーの効果をおしゃべり声で聴き比べ

steinberg UR-RT 2 のプリアンプ「D-PRE」はアンプシミュと相性よい?
steinberg UR-RT 2 のプリアンプ「D-PRE」はアンプシミュと相性よい?
steinberg UR-RT 2 のプリアンプ「D-PRE」はアンプシミュと相性よい?
UR−RT 2 UR-RT 4 に限らずURシリーズに搭載されているプリアンプ「D-PRE」。エレキギターなどのハイインピーダンス接続の場合...
UR-RT2は最初からダイレクトモニターが有効
UR-RT2は最初からダイレクトモニターが有効
UR-RT2は最初からダイレクトモニターが有効
昨日までにUR-RT2とギターをつないで楽しんでいたのですが、その時、実は感じて報告していなかったことがあります。それは、ダイレクトモニター...
UR-RT 搭載 D-PRE RND製トランスフォーマー 音色視覚化に挑戦
UR-RT 搭載 D-PRE RND製トランスフォーマー 音色視覚化に挑戦
UR-RT 搭載 D-PRE RND製トランスフォーマー 音色視覚化に挑戦
RND(ルパートニーブデザイン)製トランスフォーマー搭載で話題と鳴っているUR−RTシリーズには、プリアンプとしてD-PREというモデルが搭...
【UR-RT特集】サウンドデザイナー2018.07号別冊付録
【UR-RT特集】サウンドデザイナー2018.07号別冊付録
【UR-RT特集】サウンドデザイナー2018.07号別冊付録
【UR-RT特集】サウンドデザイナー2018.07号別冊付録 steinberg社のオーディオインターフェイス「UR-RT2」「UR-...
steinberg UR-RT には DSPが搭載されている
steinberg UR-RT には DSPが搭載されている
steinberg UR-RT には DSPが搭載されている
新発売になったUR-RTシリーズには、DSP機能が搭載されています。 Universal AudioのAppoloシリーズ等でお馴染みのU...
s【UR−RT】こんな使い方しても大丈夫でしょうか?
【UR−RT】こんな使い方しても大丈夫でしょうか?
【UR−RT】こんな使い方しても大丈夫でしょうか?
steinberg社製オーディオインターフェイス・UR−RTシリーズをこんな使い方してもいいものか?ふと疑問に思ったのですが、どこで調べれば...
【UR−RT】購入前に対抗馬チェック!〜予算編〜
【UR−RT】購入前に対抗馬チェック!〜予算編〜
【UR−RT】購入前に対抗馬チェック!〜予算編〜
RND製トランスフォーマー搭載が話題になっているUR−RTシリーズを購入しようと考えておられる方に向けて、同規模、同価格帯のライバル機器を今...
【UR−RT】購入前に対抗馬チェック!〜スペック編〜
【UR−RT】購入前に対抗馬チェック!〜スペック編〜
【UR−RT】購入前に対抗馬チェック!〜スペック編〜
steinberg社製オーディオインターフェイス「UR−RT」シリーズの購入を検討している方が、天秤にかけるべきライバル機種をピックアップ!...
【UR−RT】iOS端末でも使えるオーディオインターフェイス
【UR−RT】iOS端末でも使えるオーディオインターフェイス
【UR−RT】iOS端末でも使えるオーディオインターフェイス
steinberg社から新発売のUR−RTシリーズオーディオインターフェイスは、Lightning to USB カメラアダプタなどの変換ケ...
スポンサーリンク
スポンサーリンク



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク